コーヒーのプロになるなら資格取得が最大の近道!夢へ向かう第一歩

コーヒーのプロになるなら資格取得が最大の近道!夢へ向かう第一歩

コーヒー

JBAバリスタライセンス

こちらのライセンスは、日本バリスタ協会の省略で、今後プロフェッショナルとして業界に身を置きたいと思っている方に向いている資格となっています。ですので、コーヒーを好きなだけでなく豆知識があるのなら最適と言えるでしょう。

マイスター

これは、日本スペシャルコーヒー協会が定めている認定制度のことを指しています。そして、この資格を持つためにはまず養成講座の研修を終えて、認定試験に合格しなければなりません。専門学校でしっかり学び、合格を目指しましょう。

インストラクター

コーヒー検定委員会が制定しているものがコーヒーインストラクターという資格となっています。コーヒーインストラクターには、2級、1級、鑑定士というものがあり、上級者になればなるほどできる仕事が広がるので、チャレンジしてみるといいでしょう。

鑑定士

上記でも少し触れたコーヒー鑑定士は、コーヒーの原料調達、製造管理などの専門分野に特化する資格です。ですので、製造現場などで主に働きたいと思っているのであれば、習得をしておくことをおすすめします。就職の際に強いアピールができるでしょう。

広告募集中