安心・安全の暮らしは最初のリサーチを徹底的にすること

安心・安全の暮らしは最初のリサーチを徹底的にすること

メンズ

安全を買う

瑕疵とは欠陥住宅のことを言うので、そのようなものに当たらないようにするためにも、瑕疵保険に加入しておくといいでしょう。瑕疵保険を利用することによって、不安に感じることなく生活をすることが可能になるのです。

FPに頼る

瑕疵保険を売り出しているところはたくさんあるので、どこにすればいいのか迷ってしまいます。そういった場合は、ファイナンシャルプランナーに相談してみるといいでしょう。ファイナンシャルプランナーは保険のプロ集団なので、初心者でもすぐに理解できるように説明してもらうことが可能です。

これからの生活を考えて

通学をするために借りる予定の不動産物件は、最初の選び方が肝心となっています。ですので、他の人はどのようにして物件を決めたのかリサーチしておくといいでしょう。ランキング形式でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

契約の決め手5選

no.1

騒音がないか

学生は勉強をすることが第一ですから、それらを阻害し兼ねない騒音はご法度と言えるでしょう。ですので、できるだけ閑静な住宅街にしたり、学校が近くに無いところを選んだりする方がほとんどです。物件選びの際、よく挙げられる条件です。

no.2

コンセント数

コンセントが部屋に一か所しかなければ、いくら一人暮らしといっても使いづらいです。しかし、コンセントが複数あれば、スマートフォンやパソコンなどをセットすることができ、調べ物もしやすくなっています。

no.3

設備

1年中気温が高い地域であるなら、特にクーラーがないと勉強をしにくくなってしまいます。反対に、寒い地域なら暖房がなければ勉強に集中できないだけでなく、体調を崩してしまう恐れもあるので、冷暖房は設置されているのかを重視している方が多いのです。

no.4

収納スペース

学生は教科書や参考資料、メモ帳などを頻繁に使うため、収納スペースが少ないと困ってしまいます。しかし、広々とした収納場所があれば、きちんと整理できます。きれいな部屋で勉強することで、集中力アップにも繋がります。

no.5

バルコニーの広さ

バルコニーが狭ければ洗濯物を干すのにも一苦労してしまいますし、洗濯物を全て乾かすことは困難だと言えます。ですので、奥行きのあるバルコニーをチョイスしている方が多くみられます。中には、バルコニーのスペースを利用して植物を育てて楽しむ方もいます。

広告募集中